気をつけて

海外の薬を購入する方法

3つ

海外医薬品をご存知ですか?海外医薬品というのは文字通り海外の薬のことですが、実は日本でも購入することができるんです。

日本で販売できる薬は限られています。きちんと国がその薬の効果と安全性を立証できたものしか販売できる薬と認めていません。しかし、海外には日本で販売されている薬よりも安く同等の質をもった薬が多く存在しています。そんな薬を通販を通して購入することができます。

海外の薬を購入するには大きく3つのパターンがあります。1つは直接その国で購入すること。ただし、実際にその国に行かなければいけませんし、日本に持ち込めるかはまた別の問題になってきます。持ち込めない場合もあるので、その場合は日本で使用することができません。

2つ目は、海外の医薬品会社と代行会社を挟まずに個人輸入する場合です。この場合は、まず海外の医薬品会社とコネクションがある必要があります。コネクションがある場合は可能ですが、支払い方法など様々な課題が出てきます。また、この場合も関税を通ることができない可能性が高くなってしまいます。

3つ目は、代行会社を挟んで、医薬品会社から個人輸入をする方法です。代行会社は、情報の流れやお金の流れだけを代行します。つまり、あなたに医薬品会社や薬の情報などを提供して、もし注文が入れば取引や支払いを代行します。医薬品会社は直接あなたに商品を届けるので、代行会社が商品に触れることは一切ありません。

このように、海外の薬を購入するには3つのパターンがありますが、一番安心できる方法が3つ目です。代行会社が関税に引っかからず、国の法律に引っかからない薬をリストアップし、その中から薬を選べるようになっているので、失敗しにくいという利点があります。

Copyright(c) 2018 海外の薬を通販で購入する際に絶対知っておきたいこと All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com