気をつけて

薬の販売、譲渡は違法です

ダメ

海外の薬を通販で購入することが違法であると主張する人がいます。実際に厚生労働省では、業者による輸入行為は違法行為であると言っています。では、海外の薬を販売している通販サイトは違法なのでしょうか。また、それを購入する消費者も罪に問われるのでしょうか。

実は、業者による輸入行為は違法ですが、手続きを代行するだけでは違法に当たりません。どういう事かというと、サイトが不特定多数の人間に未承認の薬の購入希望を募り、サイト側がストックしている商品を購入者発送すると言った取引は違法です。サイト側が不特定多数の人間に未承認の薬を広告するという事が1つ目の違法行為です。広告によって安易な判断で薬を購入することが増え、健康被害が出ることを防ぐため、このような事は禁止されています。2つ目の違法行為は、サイト側が商品をストックしていることです。それでは個人輸入とは言えません。サイト側が販売をしているという事になり、違法行為になります。また、金銭の見返りの無い譲渡であっても、違法行為とみなされます。

つまり、サイト側はあくまで注文の代行と金銭振り込みの代行をしているだけであって、商品そのもののは扱っていません。そういったものを宣伝することもしてはいけません。

また、そのような違法行為せずに、きちんと行っているサイトを使っているのであればもちろん消費者が罰せられることはありません。しかし、個人輸入したものを他人に販売したり、譲渡した場合は違法行為に当たるので気をつけましょう。つまり、他人が使用する薬を代わりに購入することもできません。薬の譲渡によるトラブルも多いので気をつけましょう。

Copyright(c) 2018 海外の薬を通販で購入する際に絶対知っておきたいこと All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com