気をつけて

海外医薬品のデメリット

おっと

海外の薬を通販などで購入することで、安く薬が購入できたり、日本では処方していない薬が購入できると言ったメリットがありましたが、デメリットはあるのでしょうか。

1、日本で承認していない薬のリスク

日本で承認していないという事は、その安全性や利便性が日本で承認されていないという事です。例えば、アジアでは偽物の医薬品による健康被害が多く報告されています。中には死亡した例もあり、そういった医薬品は医者の処方箋なしにやり取りが行われていたものであるため、安全性が証明されていません。こういったトラブルに巻き込まれる可能性が、海外の薬を通販で購入する際には付きまといます。

2、個人輸入でのトラブルは自己責任である

海外から発送されている薬のため、時には包装のトラブルに巻き込まれる可能性もあります。箱が潰れていたり、ひどい場合は中身に影響がある場合もあります。しかし、そういったトラブルも、自己責任になってしまいます。また、海外から取り入れた薬を使った際に、副作用などで体に何か問題が起こった場合も、自分で薬を判断し購入・使用しているため、自己責任になってしまいます。また、関税に引っかかり手元に届かないと言った場合もあるようです。

海外から薬を通販で購入する際には、メリットもありますが、その分デメリットもあるという事を忘れないでください。特に、医者の判断が欠如しているため、薬の摂取方法や、摂取量などをきちんと理解する必要があります。専門的な知識が必要とされることもあるので、薬によっては大きな注意が必要な事もあります。薬の個人輸入は、輸入する人がその薬を熟知していることが前提となるので、まったく知らない薬に手を出すのは止めましょう。

Copyright(c) 2018 海外の薬を通販で購入する際に絶対知っておきたいこと All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com